top of page
041.JPG

レジ袋がいくらだったら、買い物袋を持参しますか?


 いくらだったら、買い物袋を持参しようというインセンチブ(動機付け)が働きますか?約20年前に発表した筆者(舟木賢徳)の研究によると(下記の図)、3円だと6割、5円だと7割、10円だと9割の消費者が買い物袋を持参する(レジ袋を辞退する)。これは、実際のデータを統計学的に分析して割り出した結果によるシミュレーション結果である。20年後の今も、この法則が成り立っていると考える。この結果より、せめて3円以上、できたら10円の有料化を勧めたい。原価が2円前後と言われるレジ袋、余ったお金はどうするのと言われそうである。一般には、商品の値段を下げる原資に使うのが一般のやり方でしょう。でも、このご時世、資金に困っている、ボランティアで野外のごみを拾っているNGO(民間団体)や、地球温暖化問題に取り組むNGOに寄付してほしいと願う。

「使い捨てレジ袋の有料化政策の評価」舟木 賢徳, 安田 八十五。廃棄物学会論文誌1996年 7 巻 6 号 320-329より、舟木加工。 




            

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

個包装という名の過剰包装

最近、2cmほどの小さなビスケットの類(たぐい)までもが、ビスケットの一つずつにプラスチック包装されているお菓子をもらって、唖然としてしまった。ちょっとやり過ぎているぞという思いが深い。そろそろメーカーに文句を言おうではないか。日本は少しやり過ぎているぞと。 読者の皆さんも、やってみてはどうか。個包装で一杯になっているプラスチックの袋から、個包装を取り除いてみたらどうなるか。なんと個包装を外してみ

発泡スチロールの製造・販売・使用を禁止しよう!

ある生協の配達員が帰った後を見ると、冷蔵品を入れた発泡スチロール箱の破片があちこちに落ちているのを見る。これって、一体なんのだ。配送が終わってみれば、お客さんの玄関にごみが落ちている。それも配達に使った箱からはげ落ちてきているのだ。5mm以下のマイクロプラスチックが空に、陸に、海洋に漂い、現在は小さなプランクトンまでもが体の中に取り込んでいるいま、玄関に落ちている発泡スチロールの破片は、拾われない

Comments


bottom of page