top of page
041.JPG

レジ袋:ごみ袋として重宝している


 レジ袋、ごみ袋として重宝しているから無料で配布して欲しい!と願う御仁も多いことでしょう。でも、待ってください。あなたの家には、ごみ袋として使っているはずなのに、大量のレジ袋が余っていませんか。下記のグラフは、福岡雅子氏の論文「ごみの中の実態に基づくレジ袋削減可能性」のデータから作成したグラフで、ごみ袋の中に入っているレジ袋の約3割は何も入れられずに、ただのごみとして捨てられている。取っ手が付いた、便利なレジ袋は日本人が発明したという。ただでもらうより、有料で購入したら、もっと大事に使うのではないか?無料で配布することで、レジ袋が乱用されている。







閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

個包装という名の過剰包装

最近、2cmほどの小さなビスケットの類(たぐい)までもが、ビスケットの一つずつにプラスチック包装されているお菓子をもらって、唖然としてしまった。ちょっとやり過ぎているぞという思いが深い。そろそろメーカーに文句を言おうではないか。日本は少しやり過ぎているぞと。 読者の皆さんも、やってみてはどうか。個包装で一杯になっているプラスチックの袋から、個包装を取り除いてみたらどうなるか。なんと個包装を外してみ

発泡スチロールの製造・販売・使用を禁止しよう!

ある生協の配達員が帰った後を見ると、冷蔵品を入れた発泡スチロール箱の破片があちこちに落ちているのを見る。これって、一体なんのだ。配送が終わってみれば、お客さんの玄関にごみが落ちている。それも配達に使った箱からはげ落ちてきているのだ。5mm以下のマイクロプラスチックが空に、陸に、海洋に漂い、現在は小さなプランクトンまでもが体の中に取り込んでいるいま、玄関に落ちている発泡スチロールの破片は、拾われない

Comments


bottom of page